刀剣を専門業者に買取てもらった時の体験談 | 日本刀の売るココロエ

刀剣を専門業者に買取てもらった時の体験談

刀剣を高く売るにはコツがいくつかありました

趣味で集めていた刀剣を手放そうとしたときの体験談です。以前から美術品として刀剣をコレクションしていたのですが、別の趣味にお金を使いたくなり、手放そうと決めました。どうせ売るなら少しでも高く買取してもらいたいので、色々と調べました。するとコツがいくつかあるようでした。まずは質屋の様な多種多様な品を扱う場所ではなく、刀剣を専門的に取り扱っている専門店行くほうが良いらしいという情報を見つけ、鑑定を頼みました。その際には買取だけでなく、販売も行ているお店を選ぶと高く買取をしてもらえる可能性が上がるらしいのです。その理由は販売ルートが確立されているため、中間の費用を抜かれることがないからです。


鑑定してもらった感想は、いくつかのお店を回り、総合的に商品の価値を判断した方が良いということでした。売品の価値が大体分かったので安心しました。鑑定の際に聞いた話ですが、保存状態を良くしたり、プラス査定されそうな情報は伝えた方が、買取り価格が高くなる可能性があるらしいです。また、多少の汚れやキズがあっても磨かない方が良いとのことでした。かえって価値が下がる場合があるからです。鑑定士によって得意分野が変わるので、ホームページなどで実績を調べた方がいいと言われました。


個人的に感じたことは、お店の経営年数も重要ということです。長く経営を行っているのであれば、沢山の販売ルート確保していると考えられますし、コレクター同士のコネクションも持っていると思うからです。お店側も売れる算段があれば、他店に流れるよりは、高くても自分で買取りたいと思うと思います。結果的に相場より少し高い金額で売ることが出来ました。自分のコレクションを高く評価してもらい良い経験になりました。