刀だけじゃない!?刀剣にはどんな種類があるのか | 日本刀の売るココロエ

刀だけじゃない!?刀剣にはどんな種類があるのか

日本刀、刀剣とはどんな種類があるのか?

刀剣は芸術的、文化的な魅力を持っており、美術品として世界からも高い評価を受けています。日本刀、刀剣と聞くと一般的には時代劇の中で武士や侍が使う、「刀」や「太刀」をイメージする人が多いと思います。しかし、刀剣は長い歴史の中で進化し、時代に合わせて多くの種類が作られ、長さや形状を変えてきました。そこで、刀剣を形で分類し、どんなものがあるか調べてみましょう。


1つ目は「剣(つるぎ、けん)」です。刀剣の中で最も古くからあり、現存数が少ないため希少性があり価値がとても高いです。

2つ目は「太刀」です。平安時代後期から室町時代にかけて作られた刀身の長い刀です。刀身の長さは60cmから80cm程で馬上から片手で用いる反りの強い刀です。

3つ目は「刀」です。室町時代中期以降から江戸時代末期まで作られた、刀身が60cm程で反りも小さく短いことが特徴です。この時代は戦乱の時代でいつでも戦えるように機能性を重視された作りになっています。

4つ目は「脇差」です。刀と同時期の室町時代以降を主に刀の補助として作られた長さ30cmから60cmの刀剣です。当時、刀ではないと認識されていたので、武士以外の庶民も所持を認められていました。小太刀や打刀も現在の登録種別では、脇差に含まれます。

5つ目は「短刀」です。鎌倉初期から存在しますが、江戸時代以降の製作は少なく希少性が高いため脇差より価値が高いです。刀身は30cm未満で護身用に用いられました。

6つ目は「薙刀(なぎなた)」です。長い柄の先に湾曲した刀身を付けた武器です。これも現存するものが少なく、価値が高いものになっています。薙刀の刀身を脇差や短刀に作り直したものは多く、これを薙刀直しと呼びます。薙刀より刀身が長い形状のものを長巻と言い、薙刀より振り回しやすい作りになっています。

7つ目は「槍」です。古代から狩猟で使われてきた武器です。長い柄の先に剣状の穂をつけ、突き刺すことを目的として作られました。現在においては槍も刀剣に分類されています。平安時代後期以降は使われなくなった時代もあります。

8つ目は「仕込杖」です。日本刀、刀剣の種類のうち、特殊なもので、暗殺目的や武器を所持できない時に使用されます。


日本刀、刀剣にはたくさんの種類があり、それぞれに違った美しさと価値があります。刀剣の本当の価値を知りたいのならば、鑑定に必要な知識と経験を持つ買取業者などへ査定依頼や相談してみましょう。彼らの中にはネットやラインなどで査定、相談できるところもありますので、気軽に問い合わせしてみましょう。